DISKブレーキのパッド

ディレーラーハンガーを交換して、さあ乗れるぞと家の近所を走ってみたら、なんかやけにブレーキの引きしろが大きい。

DISKブレーキ使い始めて約半年。6000kmくらい。

最初の頃からなんとなく引きしろが大きく感じていたが、落車の前こんなだったかな?
原因が良くわからない(リムを抑えるブレーキならシューとか見るけど)、油圧だとケーブルの延びなんてないし・・・でじて吉さんへ。

チェックするから預からせて、ということで入院。一週間経ってどうだったか聞きに行ったら、ブレーキパッドが凄く薄くなっていたとのこと。
???Diskブレーキのパッドってもっと長持ちするものだと思っていました。

画像


交換なのですが、在庫を切らしているとのことで、もう一週間待つことに。

一週間後、連絡が無いので状況を聞きに行ったら、ちょうど交換作業を終え、ちょっと気になるのでオイルも入れ替えるとのことでブリーディング作業中でした。

見てたけど、ブリーディングは自分でやる気しないな~。

パッドの方はもともと、空冷の為のフィンが付いているF01Aというものが付いていたのだけれど、高いしフィン無くても大丈夫ということでG01A(値段はF01Aは2,000円位、G01Aが1,110円でした。両方レジンパッド)を取り付けてありました。

画像


ブレーキパッドの交換もディスクはちょっと面倒くさいし、メンテナンス性はいまいちかだな~。
次回は自分で交換してみるつもり・・・たぶん

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック