にゃんこ-おまけ

「こまめ」のことで、ちょっと不思議なことがあったのを思い出したので、ちょっと書き足しておく。

「こまめ」を保護した翌日だったか?翌々日だったか?

「こまめ」をちょっと外に連れて行こうとして箱に入れ、玄関先に箱を置き何かを取りに家の中に入った一瞬の隙に、箱ごと消えてしまい誰かいるのかと思って探したが見つからない。連れ去った人が幸せにしてくれればいいや、と諦めたところで目が覚めた、夢でした。

朝起きて夢の話をしたところ、女房も同じ夢を見たと言う。

本当はその日が定めの日だっらのかもしれないな~。「こまめ」を見て神様がほんのちょっとだけ命を延ばしてくれたのかもな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック